FC2ブログ


Perl & Oracleでハマった件

   プログラミング [2019/12/06]
Perlをちゃんと使うのは初めてで、
わけのわかんない省略形?的な記述で四苦八苦はしたものの、
ちょっとは動き出して、DBアクセスもできそうな感じになってきたときにハマった話です。

相変わらず自分用の備忘録なんで、表現/用語が不正確な部分は勘弁してやってください。


◆Oracleに関する情報
.plを動かしてみるとHTTPステータス500で相変わらず動きません。

自.plで出してるエラーログで見ると、「SQLクエリ内に間違いがある。」と出てる。
具体的には、「DBD::Oracle::db prepare failed: ORA-00911: 文字が無効です。 (DBD ERROR: error possibly near <*> indicator at char 19 in 'SELECT ...
クエリ内に<*>と入っているのですが、カラム名の真ん中に「番<*>号」と入っている。
なんじゃこれは?
SQL文メッセージの表記もなんか変。

#そう!今回対象としているOracle DBのシステムでは、テーブル名のみならず、項目名にまで日本語の名前を付けるという暴挙をやってのけているDBだったのです。しかもテーブル仕様書もない。
(ボヤキ:素人かよ。はぁ~。普通しないだろ。アルファベット日本語交じりのネーミングが開発にどれだけ不効率的なことなのかはさるでも分かる。)

ともかく、メッセージも変なので、Oracleに関する情報集めをする必要がありそうだ。
まずは、バージョン。
とっても便利なsqlplusというツールが入っているらしい。
--------------------------------------------------------
C:\Perl64>sqlplus

SQL*Plus: Release 11.2.0.3.0 Production on 水 4月 17 16:27:13 2019

Copyright (c) 1982, 2011, Oracle. All rights reserved.

ユーザー名を入力してください: hogehoge
パスワードを入力してください:

Oracle Database 11g Release 11.2.0.3.0 - 64bit Production
に接続されました。
--------------------------------------------------------

この状態で、クエリを実行できます。

Oracleのバージョン確認は、以下。(上のメッセージにも出てますけど・・・)
--------------------------------------------------------
SQL> select * from v$version;
BANNER
-----------------------------------
Oracle Database 11g Release 11.2.0.3.0 - 64bit Production
PL/SQL Release 11.2.0.3.0 - Production
CORE 11.2.0.3.0 Production
TNS for 64-bit Windows: Version 11.2.0.3.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.3.0 - Production
--------------------------------------------------------


DBがサポートしている文字コードを知りたい場合には、
--------------------------------------------------------
SQL> select value from NLS_DATABASE_PARAMETERS where PARAMETER='NLS_CHARACTERSET';
VALUE
-----------------------------------
AL32UTF8
--------------------------------------------------------


色々ググった結果、
・やっぱりDBのオブジェクト(テーブル、カラム)に日本語は付けない方がいいそうだ。
・でも禁止はされていない。そりゃそうね、現に実在できてるみたいだし。
・もし日本語付けちゃったら、正規には、非引用識別子指定(ダブルクォーテーションで挟む)をする必要があるらしい。
えーーーっ本当?
perlのダブルクォーテーションの扱いあいまってさらに面倒なことになりそう。

でも、sqlplusで、エラーの出たスクリプトをコピペして実行すると、エラーにならずに動く。
ということは、perl環境下特有ということではなかろうか。

調べを続けます・・・。

続きを読む

スポンサーサイト





育てたら食べよう(4):サトイモ

   園芸 [2019/12/05]
ホームセンターで買って来た苗を畑に植えただけです。
「土垂」と書いた札が付いてました。
ドダレと読むのかな?

4株植えて、良不良はあったものの枯らさずに収穫できたことは、喜ばしい。

山友から、「サトイモは、孫イモが粘りがあって美味い。だから高い。」と聞いてたので、ちょっと期待したが、さるはどうなってるのが孫イモなのか知らなかった。ははは。

さて、掘り出したやつは、さる2号の手によって
こんな物に料理されました。

続きを読む



Perl環境でまたハマった件

   プログラミング [2019/12/04]
「VS2017-はじめの1/10歩・・・」でタブレット向けのアプリをWin32SDKベースのレガシーなテクでこさえた後、そのプログラムの通信先サーバプログラムの開発環境を仕立てる話をこのブログに書いてきていたのですが、その続きです。

ちょっと間が空いてしまいました。

要約するとActivePerl環境にCrypt関連のパッケージをオフラインで組み込む際に四苦八苦した話です。
※「オフラインで」と書きましたが、単にプロキシ越えの環境設定をやれなかっただけです。ですが、一度集めたダウンロードファイル群を使うと、例えば別のサーバを同一Perl環境にしたい場合、本当にオフラインでインストールできるはずです。(だから何。そんなシチュエーションある?)

Eclipseの環境でやっとこさ動作するものができたので、本番環境(Oracle+Apache)での動作確認しようと準備に取り掛かりました。予想はしてたのですが、再度ハマりました。試行錯誤の結果をそのまま記録しています。真面目に読んだら疲れます。それに正しい方法が何なのか分かりにくいので、たぶん参考にはならないと思います。
自分用の備忘録です。


◆初動:作った.plを動かしてみる
「Apacheは動くし、Oracleも入って、DBの中身は入ってる。ActivePerlもインストールしてあります。」という、ありがたーい環境がありました。
Apatch2.2とPerl64が入っていました。perlは動かせるようです。

暗号化のライブラリを使っている.plを動かしてみました。
予想通り、エラーです。
ここまでは、Eclipse環境で作っているときもそうだったので想定の範囲内。


ブラウザ上では以下のエラー。
--------------------------------------------------------
Internal Server Error
The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.
Please contact the server administrator, aaa@com and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.
More information about this error may be available in the server error log.
--------------------------------------------------------


さあ、ここからの右往左往・・・

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(18):耕作面積拡張準備

   園芸 [2019/12/02]
農閑期に入りました。

夏頃から、耕さず草原化している一部を本来の耕作地にしてやろうとコツコツ作業してました。

「そんなの草を刈って掘ればいいだけじゃん。」と思われるかもしれませんが、そうは行かないんです。

畑に生えた雑草の主なものにススキと言う植物があります。
こちらではカヤと呼んでます。カヤブキ屋根のカヤとはこれのことです。
ご存知かと思いますが、草の丈は大人の背丈を超えるほどになるコレです。
20190915_2.jpg


問題は、コイツの根。
硬くてバンバンに土に食い込んでる感じなんです。

トラクターでガンガン掘りまくるなら、掘り起こせるかと思うんですが、
さるはトラクターは持ってません。
耕す道具は、クワとマメトラのみ。

今年の春に、ススキの根っこをそのままにマメトラで掘ろうとしたら、
その根っこに当たると、マメトラが弾んでしまって、掘れたもんではありませんでした。

そんなわけで、荒らした畑は、普通に耕やすだけでも大変なことが分かりました。

5年前の8月にブログにアップしてた草原の写真がありました。
20140803_1.jpg
手前が、ハクサイを植えたスペースBですね。

今みるとその手前部分に余りススキは見えませんね。
翌年の6月の写真もありました。
20150628_b1.jpg
これにはススキが見えます。

この5年余りで悪化(ススキが浸食)していたことが、これら写真で分かりました。

毎回、話に出てくる「畑」の俯瞰がこんな感じです。
20191124_s1.jpg

そう、ほんの手前をちょっとだけ使ったのみです。

もうちょっと寄ります・・・

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(17):ハクサイ収穫できず

   園芸 [2019/12/01]
もうちょっと、もうちょっと
雪が降らないことを祈り続けて、
ハクサイが玉になるのを待ち続けました。
が、遂に間に合いませんでした。

シンシンと雪が降ってます。
さるの棲家の沿岸部でこうだから、畑のある実家 内陸部は、モソモソ降っていることでしょう。

さあ、ハクサイ失敗の振り返りをします。
来年の為に。


たしか、8月の後半に種まきして、9月の初めには芽が出てて、その後一か月近く掛かって、畑に移植。
定植してからの経過です。

10/13 定植してから2~3週間。 気温は20度を下回ってたかな。
20191013_h1.jpg

10/22 さらに1週間。
20191022_h1.jpg

10/26 最初に定植したスペースAは、1か月くらいは経過。
20191026_h1.jpg
スペースBは、ネキリムシと言うんでしょうか、根っこ付近をかじってしまう虫にやられて、歯抜け状態になってます。
最後に定植した、スペースC(実家裏段々畑の一角)は、こんな。
20191026_h2.jpg

思ってたより割と成長している感じでした。
ここから、徐々に気温も下がって、かつ天気もいまいちな状態が続きます・・・

続きを読む



道の駅(4):安過ぎる自然素材の籠を見た

   PPバンド籠 [2019/11/30]
先週、キノコ友の会の打ち上げで、一泊2日で隣りの圏の温泉地へ。

待ち合わせ合流地点に選ばれたのが、この道の駅。
20191123_r1.jpg

名前は・・・ウッディなんとか?
そのまま地名の「さんない」でした。
道路を挟んで向かい側に、製材所?木工所?があります。
20191123_r2.jpg

その隣に何か木をテーマにしたそうな・・・
20191123_r3.jpg

木を使った製品、子供向けのおもちゃとかあるそうです。

話を道の駅側に戻して、
お昼頃に着いたので、まずは腹ごしらえ。中のレストランへ。

山友曰く、「芋の子汁が最高。」
そばも美味そうだったが、「二日酔い覚ましには汁物」と思って、芋の子汁付きの「お手軽セット」(だったかな?)を注文した。
20191123_r4.jpg
すいません完食した後の写真しかありません。

炊き込みご飯と芋の子汁とお漬物、切干し大根、となってました。
芋の子汁の芋はふわふわな感じ。塩分控えめ。
炊き込みも美味かった。

売店内は、
半分は、農作物等の直販。ご当地名物のブドウやリンゴのコーナーもあった。あと半分は、お菓子や加工品、地酒。

位置的にさるの棲む圏と、お隣の圏の圏境なので、産直から地酒まで両方のものが置かれてました。

ぐるっと見回して正面出入り口に出ると・・・

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(16):黄色いナスの結果

   園芸 [2019/11/27]
春の山菜シーズンに立ち寄った道の駅で買ってきた『黄色いナス』

まあ、プランターに植えて棲家脇に置いてただけなので、農業とは言わず、家庭菜園ですな。
どんな味なのかと楽しみにしてたが、どうも観賞用であってあまり食べるものではないらしい
というのをだいぶ後で知った。
名前は、フォックスフェイスとかカナリアナスと呼ばれている。

8月頃には、最初の実を付けたが、
20191122_n1.jpg
その後、花は咲くものの実がつかないのよ。
ズーーーっと。

なんじゃこりゃ? です。
水やりは枯れない程度して、後はほっといた。

そろそろ冬だし、バッサリ刈ってやろうと見たら・・・

続きを読む



育てたら食べよう(3):青唐辛子味噌

   園芸 [2019/11/26]
唐辛子(タカノツメ)を育てて収穫した。
でも、依頼者は見向きもしない。

かと言ってせっかく育てたのに棄てるには忍びない。

「まずは、干して見るか」ってことで、
リース風に編み編みして、カーポート下にぶらさげた。
20191119_t3.jpg

と、その夜、台風並みの強風が、吹き荒れ
翌朝出掛けにみたら、青唐辛子は完全に編み目から脱落し、散乱しまくってた。

とほほほほ。
夜なべまでして編んだのに。

ともかく、落ちたのを拾って、数日放置。

小さくて編めなかった青唐辛子も含めて料理してしまおう。

ぐぐると、青唐辛子味噌と言うのが引っかかった。
そうか、フキ味噌、もっと言えばピーマンの肉味噌炒めみたいにすればいいのね。
いっきに沢山使えそうだし、ゴハンのお供にとある。そりゃいい。

やってみた。

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(15):野望の赤ソバ収穫

   園芸 [2019/11/23]
さるの棲む地域は、雨ではなく雪が降る季節になっちまいました。

春からあれこれ手探りで(極テキトーに)野菜作りん始めましたが、もうそろそろ一時休止(農閑期)になります。

植えたはいいが未だに収穫出来てなかったものが幾つかありました。
ニンジン
コマツナ
ハクサイ
赤ソバ


前2種は、夏に植えて、既に失敗作と自覚してますが、まだ生きてはいます。
小松菜に至っては、秋にもう一回播き直してた。

その中でも、何となく収穫して置くべきと考えたのは赤ソバです。
植えてすぐに、圃場(畝)の作り方を考えずにやって、雨に流されてしまいましたが、
残ったところで、花は咲き
20190922_s1.jpg

今年はすでに失敗した部分があるので、来年リベンジする為にもタネ(実)が必要です。
花が、終わり気味になってからどれくらい実が、どのように成るのか観察してた。

10月初旬
20191005_s2.jpg

種播きの深さが足りなかったのか、花が咲き始めてから倒れてしまう株がありました。
10月中旬
20191013_s3.jpg

花が終わった部分にというが、ゴミっぽいものが残ってます。
・・・・・・

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(14):タカノツメも収穫

   園芸 [2019/11/19]
春に植えて、今頃の収穫です。
全体的に、赤くなるのを待ってたのですが・・・

まずは、台風直後。
20191013_t1.jpg
だいぶ倒れてたので、少し補強してあげました。

赤くなった率の高いやつを収穫し、しばらくそのまま干してました。

いよいよ雪が降りそうな予報もあったので、全体的に収穫です。
でも、こんな状態。

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(13):柿と言ったらやっぱ干す

   園芸 [2019/11/17]
段々畑を整備して幾分平坦にして、何を植えるのかと思いきや、柿を植えたのはさるではありません。
整備しとたんに広げた一帯は野菜等には使われないまま、柿の木が植えられました。

かと言って、その柿を収穫し、出荷したという話も聞いたことがない。
爺様は、何を考えて柿を植えたのか・・・未だによくわかりません。
それでも、あまり荒らさずに夏の草刈りはしてたようです。

その後、あまり動けなくなってそれもしなくなり、
草(主にススキ)ボーボーに荒れてきたので、草刈りだけはさるが引き継いだのが数年前(いつからだっけ?でもだいぶ前だったような)。
なので、さるが「育てている」に加えさせていただきます。


これまでは草刈りと折れた枝の片付け以外は一切ノータッチ。
(そんなに柿が好きというわけでもないので。)
一族の者や、近所の人がもいで持ってってくれてた。

昨年頃から誰も収穫しなくなり、仕方なくさるが収穫した。
しかも昨年は、収穫するのが遅すぎて、「干す」しかないと言われたので、
今年は早めにもいでやろうと思ってて、タイミングを見計らっていたのですが、
20191026_k1.jpg
10/26で、紅葉はしたのですが、柿の色はまだ青っぽかった。

そこから2週間、うかうかしてたら、なんか去年と同じ時期になってました。

続きを読む



’19秋キノコ採り:11回目(ファイナル)

   山菜・きのこ採り [2019/11/16]
寒いです。
初雪・・・雪っぽいものがちらちらしているさるの棲む地域です。

前週のナメコ祭りの興奮さめやらぬ先週、(結果的に)最後のキノコ採りに行ってきました。

スポットは当然前週フィーバーした山奥の奥。
同じエリアに朝8時集合予定で向かいました。

現地登り口到着は、ちょっとしたトラブル(長靴を家に忘れたさる)のせいで、9時ころ。
(すいませんでした。)

まずは、先週のホットスポットへ。

あれ?
幼菌は、ほとんど成長してなくて・・・

めげないめげない。
その一帯は、さるも入ったことのないところだったので、
来年の下見も兼ねて、探索することに。ともかく、上へ上へと登りました。

結局、ムキタケくらいしかなく。
20191109_5.jpg

単に深山の風景を愛でるしかなくなりました。

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(12):サトイモ収穫

   園芸 [2019/11/15]
先々週、ナメコ祭りの翌日にカクテキ用のダイコンを補充(2回目収穫)しに行ったついでにサトイモも収穫してきまきた。

ここ暫く葉っぱ等見た目にはあまり変化は無かったので、もういいんではないかと。
20191104_5.jpg

苗を買ってきて植えた後は、周りの除草と畝の盛り直し、後は
元株の脇に後から出て来る葉っぱは、刈るようにGoogle先生の指導があったので、9月下旬に一度だけそうした。

それくらいしかしてない。
植えっ放しです。

掘ってみたら、こんくらいでした。


続きを読む



育てたら食べよう(2):クリの甘露煮

   園芸 [2019/11/13]
まあ、クリの木を実家の山林(その昔は桑畑だった)に植えたのはさるではありません。
いいころ合いに大きくなるまで面倒(虫よけの消毒だとか、下草刈りとか)を見てたのもさるではありません。
です。
でも、ここ数年、春に折れた枝を片付けたり、下草刈りをしてるのはさるなので、一応「育てている」と言ってもいいかしら。
20190915_17.jpg

でも、なんと言う種類の栗なのかも知りません。
「大栗」、「普通の」くらいの区別しかしてません。

去年くらいまでは、一族のものがシーズン中に1度くらいは、栗拾いに来てたと思うのですが、
今年は、気配も見せません。

理由は、クマ来訪の跡があったと伝えたためです。
「大丈夫だから」(根拠はない)と言ってもダメでした。
(クマの話なんか黙っとけばよかった。)

つまり、栗はたくさん落ちてるのですが、誰も拾ってってくれません。
そういう状態が続くと、なおさらクマに餌が落ちてることを知られて、定期巡回コースになってしまう恐れがあります。

なので、しかたなく2度程、バケツ一杯分くらいずつ拾って来ました。
(ちょっとした「栗狩り」できるくらいの広さと木の本数があるので、焼け石に水ですが。)

1度目は、さる2号が、バケツの栗に水を入れて1週間以上放置した後、
単純に茹でてしまったのですが、なんか全体的に味/食感が変で、
とても食べられた感じではなかったので、全て廃棄処分になりました。

ここで話は変わりますが・・・

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(11):ダイコン収穫

   園芸 [2019/11/12]
巻き戻しての農作業備忘録中です。

10月も下旬に入った辺り、ダイコンを収穫することにしました。
正しい育成期間も余り把握してなくて、単純に大きさがそれなりになったからです。

そもそも何故ダイコンを植えたか。
韓流狂いのさる2号が昨年、カクテキの作り方を習いに行って、
それがまあまあ上手く出来たために、毎日のようにカクテキを食べさせられた。
さるもカクテキが嫌いという訳では無いので、どうせなら育てたものを使っていただこうかと思った次第。
昨年は、大量のダイコンをスーパーから買ってたので、ダイコンのコストもバカにならないでしょう。

さて、ダイコンの状態は、
20191022_1.jpg

太さも、太いヤツはこんな。
20191022_2.jpg

で、10本ちょっと、引っこ抜いてみました。
20191022_3.jpg

続きを読む



嬉し恥ずかしお百姓一年生(10):アスパラ菜収穫

   園芸 [2019/11/10]
もう、1か月近く経過してますが、台風19号通過後のころの話から農作業備忘録再開です。

その前に、台風、その後の大雨被害に遭われた各地の方々へ心よりお見舞い申し上げます。

台風19号のときの日曜、さるの棲む地域は風はあったものの晴れ間も見えたので実家周辺の畑の様子を見に行きました。

◆アスパラ菜
まずは、アスパラ菜を見に行くと、そろそろ薹立ちしていて。
20191013_1.jpg

びゅんびゅん風の吹く中、チョキチョキ収穫しました。
20191013_2.jpg

で、こんな感じ(切ってから2日程経過)。
20191013_3.jpg

オルトランを作条散布してまだ2週間ちょとだけど、「食っても大丈夫かなぁ」とも思いましたが、特に速攻の健康被害はありませんでした。

(追伸)からしマヨネーズ和えにしました。
20191017_r1.jpg
でも、少し硬かった。

ちなみに翌週も収穫した。


さて、ダイコン/ハクサイの方は・・・

続きを読む



’19秋キノコ採り:10回目(やっぱ里山へ)

   山菜・きのこ採り [2019/11/07]
先週のナメコ祭でフィーバーした翌日は雨/曇りの天気で、俄か百姓もお休みにして、ほぼ一日中寝てた。
寝貯めですね。

さらにその翌日、3連休だったので、ダイコンと里芋の収穫に・・・

収穫が終わって、いつもの開墾(ススキ駆除)に入る前に、
やっぱり、畑奥の里山が気になって、見に行ってきた。

この時期、シモフリシメジが生えるスポットなので、気になってしょうがない。
(ムキタケ・ブラボーしてから10日も経ってない。)

貯水池の縁から林に入ろうと思って、這い上がると・・・ありました。
20191104_1.jpg
シモフリシメジです。
でも、ちっちゃくて、乾燥しちゃってます。
(なので、虫もついてないが。)

これは、盛りになったかな?・・・

続きを読む



’19秋キノコ採り:9回目(ナメコ祭)

   山菜・きのこ採り [2019/11/07]
やっと、先週末の話になりました。

これまでも、単にキノコを採った/採らなかったという詰まらない話の続きで
これを読まれた方にとってはたぶんどうでもいい内容です。
さるの日記ですな。

さて、今季既に9回目の入山です。
よくもまあこんなに毎週毎週行くもんだと我ながら感心してます。
お百姓の真似事とキノコ採りで休みの日を使うので、ほとんど棲家に居ることは無かったですね。
どうなんでしょう、「それ程、棲家はくつろげない」という裏返しですかね。

まあ、ともかく。

前週は、ほぼナメコの下見になってしまって、
かつ、幼菌発生倒木を2箇所抑えてあるので、行かないわけにはいきません。
先週不参加だった山友2は至って乗り気です。

また、その2日前に町役場に用事を済ませに行ったついでに畑の開墾の続きをしに行ったら、
20191031.jpg
往来の栗林でクリタケを発見してしまい、さるもちょいやる気。

いつも通り、8時半くらい現地に到着、9時頃から沢歩き開始。
久々にいい天気の土曜でした。
20191102_1.jpg

今回は、生えてる場所が分かってるので慌てる必要はありません。
まったり、沢登りを開始。
それで、先週発見した菌床地点では・・・




続きを読む



’19秋キノコ採り:8回目(紅葉が始まったので)

   山菜・きのこ採り [2019/11/06]
里山でキノコ採りをした翌日、
山友と約束していたので、やっぱりキノコ採りに行くことにしました。
さるの実家付近の里山ではあまり採れないナメコ狙いです。

この回は、山奥のさらに奥の方。
単独でマイタケを採りに行った方面です。
車で片道1時間以上掛かります。
途中から時速20kmでないと泥跳ねが凄い砂利道なので。

現地には八時半くらいに到着、さすがに同業者の車は数えるくらいに減ってました。
車を適当なところに止めて、そこからテクテク歩いて15分。

まずは、昨年尺イワナを手掴みした渓流沿いの林を散策し、ムキタケをちょっと。
前日大量にとったので、さるは引き気味にちょっとだけ。
・・・・
雑キノコでも見て行きましょうということで、山道から尾根を目指して森に入ります。
・・・・
ナラタケ、クリタケなどちょっと採取。
で、1時間くらい。
・・・・
沢方面に下って、ナメコの幼菌を発見し、
・・・
さらに沢の縁で、ナメコの幼菌を発見。
でも、収穫するには小さすぎなのでスルー。
・・・
その後ぽつぽつとナラタケ、ムキタケ、チャナメツムタケ、ウスヒラタケなどを採取。
・・・
キノコ採り終了。
ナメコの下見に来たみたいになってしまいました。
気付いたら、写真は何も撮ってなかった。

車まで戻って、少し時間があったのでいつもは引き返すところをさらに奥の方へ車で行って見た。
絶壁続きの細い道路で、車1台が通るのがやっと。
ところどころ落石の跡や、倒木を道脇に寄せただけの箇所も。

紅葉は?といえば・・・

続きを読む



’19秋キノコ採り:7回目(折角晴れたので)

   山菜・きのこ採り [2019/11/06]
どういうわけか、今シーズンは、土曜日に限って天気予報は「雨」が多かった。
通常は、土曜:キノコ採り、日曜:俄か百姓と決めていたのだが、
深山歩きするのに雨風は危険を伴うので、晴れの日はキノコ採りを優先せざるを得なかった。

10月も終盤、この日も予報では曇り/雨だったので、仕方なく実家畑のダイコンの収穫に。
雨が降ってもダイコンは採って来れるんで。

曇天の中出かけたのですが、到着するころには晴れてた。
ダイコンを10本程引いて(採って)、いつもは原野化した畑の開墾をちょっとづつやってたのですが、その日は後回しにして、畑奥の里山へ。

※「開墾」とは言ってますが、主にカヤ(ススキ)の根っこ掘りです。
カヤの根っこは硬くて、マメトラだと掘れないのです。なので、せこせこ少しづつ手(スコップ)で掘り出してます。


この日の3日前、
町役場に用事を果たしに来たついでに飛び石連休の最終日に開墾の続きをしに畑に寄ったのだが、往来の栗林でフレッシュなナラタケを発見した。
20191023_1.jpg

そのこともあって、狙いは、ナラタケ:サモダシ(谷に生える)かシロボッコ(尾根に生える)です。

最初は、サモダシの生える谷を一回りしましたが、収穫ゼロでした。
確かに、時季的にアウトだったかも。
で、こんなのを見かけました。
20191026_1.jpg
スギヒラタケです。
数年前までは実家周辺では争って採られていたキノコですが、毒キノコに認定されてしまったので、最近はほとんど採られずに朽ちてます。

その後・・・

続きを読む



カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-








本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR