fc2ブログ

怒涛のタケノコ採りスタート

   山菜・きのこ採り [2022/05/21]
時間が自由って、なんて自由なんだ!
現在プーのさるです。失業保険待ち。

先日の部活でのワラビ採り後、ラインで山友2からのお誘い。
「タケノコの下見にいがねぎゃ?」(訳:ネマガリタケのスポット1に下見に行きませんか?)
平日の水曜日ですが、二つ返事で合意成立。

毎シーズン、山友2が下見に行ってくれて、「いつくらいが採れそう」と教えてくれていたのですが。
毎年のことなので、最近は「だいたいこの日」が分かっているらしい。
そのハシリの時期なので、同行させてもらうことに。

朝、比較的ゆっくりめの集合で現地駐車スペースには車が数台。
ライバルだろうか、それともトレッキング客か他の山菜ハンター?
ともかく、出発です。

麓ではサンカヨウ
20220519_1.jpg

ニリンソウ
20220519_2.jpg
見ごろです。
ここのタケノコ採りの時期的にはOKということです。

約1時間後に現地到着。
藪突入前に、先客のご婦人に遭遇。
「まだ出始めでそんなにはないけど・・・」と言いつつ肩に掛けた袋は重そうでした。

期待大。
藪に向かって突撃です。
予想通り、出始めではありましたが、比較的あった。

2時間ほど散策?して、スーパーのLL袋6分目くらいの収穫。
下山。


駐車場付近の原野は、ワラビがあるので、解散後、さるのみワラビ採りをちょっとやることに・・・

続きを読む

スポンサーサイト





嬉恥お百姓s4ep7:ちょっと遅れ気味?

   園芸 [2022/05/18]
ここ最近 宇露戦争のニュース解説がめっきり減ったような。
でも、宇が押し返しているような少し溜飲が下がるニュースも聞こえてきてますね。
希望的観測ではなく本当だったらいいんですが・・・


さて、隠居後、毎日「やりたい事」というか、「なんとなくやんなきゃいけない事」のみできる身分になったのだが、思った通りに事が運んでいる感じではない。
隠居前は、土日だけでやってた各道楽?だが、平日込みでやっている現在でも想定期限を結構押している。
たぶん、実家屋敷の外回りの作業が思いの外大変だったことが主な原因かな。

そんな中、道楽の一つのお百姓仕事ですが、
例年だと雪解け後の片付けと畑の耕起が済んでる時期なのだが、まだ手付かずでした。

「片付け」というのは、冬の間に雪のために折れて散乱た木や枝を集める作業です。
これをやらないと、今後に草を刈る作業のときに草刈り機が枯れ枝を食ったり、キックバックしたりして結構危険なのです。

でも、うかうかしている内に雑草が伸び始めてちょっとタイミングは逸した状態。
落ちた枯れ枝が草で見えなくなってきている。
同じく、畑の耕起ももう少し早くやるべきだったのだが、今頃になってしまった。

部活(山菜採り)とDIY(土手工事)の合間を見て大急ぎで畑の掘り起こし作業に着手しました。
既に草も生え始めて、掘り難い状態になってました。
実家裏の段々畑を耕起してから、3週間経過しています。


まずは、サツマイモの苗(4本で500円)を買ったのでそれをちゃちゃっと植えることに。
納屋から出てきたマルチ用のビニールと鍬のみを携えて畑へ。
でも、ビニールシートは猫が爪を研いでいたらしくこんなになってました。
20220515_n1.jpg
やれやれです。

でもって、昨年秋に掘って作った白菜用の畝が「空き家」なので、
そこにでも植えてやろうかと、鍬を入れたのですが・・・

続きを読む



仕方なくDIY再s2ep7:土手工事完了(仮)

   DIY [2022/05/17]
とっとと一段落させたい!
その一心で、中3日で工事続行です。

まずは、コンクリ?モルタル?で作った排水桝(風)が塩ビの圧でヒビが入った。
なので、新たにセメント(モルタル)で接着を試みた。

次に土嚢を積んだ土手の上の軒下側に土を盛る。

屋敷の軒下:土手の上は、これが
20220512_d7.jpg
こうなりました。
20220516_d1.jpg

ネコ(一輪車)を押して、段々畑と土手の間を10往復くらいした。
60~80mの距離と10mくらいの高低差があるので、足腰が鍛えられそうです。

とここまでは、来る前に考えてた段取り。

あと、遣り残しは・・・

続きを読む



これってハリギリ?

   山菜・きのこ採り [2022/05/16]
日曜、晴れたので部活になりました。

アイコ祭りが終わって、次のタケノコ(ネマガリタケ)シーズンまでは、半月ほど空きがあります。
つまり1週、特に部活としてはさほどターゲットがない週に当たります。
(でも、北国の市場では山菜がまだ盛りです。値段も少しお安くなってきました。)

そんな週なのですが、部活なので・・・
ワラビ採りです。

まあ、さるの畑でも採れるんですが、それは親族らの毎週の楽しみとして譲って、
山友達とは別のスポットへ。

着いてびっくり。
車が10台以上置けるスペースがあるのですが、ほぼ満車状態です。
ともかく人が多い。

とあるベテランが言ってたらしいのですが、「ワラビは女子供の採るもの。男はだまってゼンマイだ。」
ワラビ採りは、こちらでは中高年のお手軽レジャーなんですね。(さるもそうですが。)
しかも、このスポットはワラビ以外にも、ゼンマイ、アイコ、ホンナ、タラノメ、ヒデコなんかもちらほらあって、山菜好きの奥様方に人気の様子。


さて、場所が変わればワラビの質も少し違います。
今回いったところのワラビは、なんか太い。
伐採して、何年も経った元森林:今原野なのです。
ワラビもワイルドな感じ。
少し、黒っぽい(毛深い?)ワラビが生えてました。
(畑を荒らしてあるところに生えるやつは、緑色のが多い。)

ただし、まだハシリのようで、腰が曲がった状態の「出たて」が多かった。
(ご存じかもしれませんが、ワラビは最初穂先を下に向けて、曲った状態で芽をだします。)

折角遠くまで来たので、そんなのもあまりお構いなしに採取しました。
(「だって数日経てば、どうせ葉枝が開いて食べられないくらい固くなっちゃう。」という意味のわからない理由によります。)

続きます。

続きを読む



部員用サゲコダシ

   PPバンド籠 [2022/05/15]
山部(山菜・キノコ狩りの部活)の部員に10年くらい前に腰かごをあげた。
※一般にはハケゴとか呼ばれるものです。こちらでは、サゲコダシとか呼ばれます。

当時、この部活に参加した方には、ほぼもれなくさる手製の籠を部員の証としてあげていた。
主にタケノコ(ネガリタケ)採り用に薄く作った小さ目のサゲコダシ。

その中の最古参の部員(山友2)の籠の「口がゆるゆるで、採ったものを落としちゃう」との訴えが出ていました。
PPバンドで籠を作り始めたころに試作品として作ったもので、現在のサゲコダシの標準的な作り方とは違ってました。
最大の難点は、籠の口に針金が入っていないものだった。

相変わらず、前置きが長かったですが、
確かに不便そうなので、彼のサゲコダシを新しく作ってあげることにしました。

実家泊りのときの3時間、土曜3時間で、
いつもの、こんなのができました。
20220514_1.jpg
籠の口には、硬めの針金が入っているので、収穫したものを入れても形は変わらないハズ。

申し訳ないですが、特に新しい工夫というか、テクニックはありません。
あまりに殺風景な籠になったので、持ち主になる方の名前にちなんだ暗号を側面に入れて見ました。
(ここに1時間くらい費やした。)

時給850円として、材料費抜きでも5千円を超えますね。
(まあ、使用済みPPバンドで作ったけど・・・)
高級品ですな。

明日(日曜)に部活があるので渡します。
喜ぶかな?

では。m(__)m


仕方なくDIY再s2ep6:土嚢つむつむ

   DIY [2022/05/14]
実家の土手の崩れを何とかしようと工事しています。

雨水対策の側溝がひと段落した?ので、下がった土手に追加の土を盛る作業に入りました。
今回、金土と雨の予報だったので、前倒して週中に出かけて工事続行です。

ところが、色々とハプニングがあって・・・
予定では、500円投資して買った、安納芋の苗をついでで畑に植えるつもりだったのだが・・・

1日目。
到着して、先週末までにやった側溝工事の木枠を外し、排水桝風部分のやり忘れ箇所にセメントを流し込んで、午前中は終了。

<モグラくん>
お昼休憩しようと、洗った道具を片付けようとふと見ると、黒いものが玄関に。
20220511_d1.jpg

長靴にくっついてきた土かと一瞬思ったが、ちっちゃいモグラくんでした。
土手をさるにディグダグされた件で抗議しに?
この屋敷には、怖ーいネコが3匹も居るから見つからないようにと説得し、引き取っていただきました。

<廃品回収業者→納屋の片づけ>
午後、ネコ(一輪車)を出して納屋を出たところで、自転車を数台積み込んだトラックが目の前を通った。
噂の「廃品回収業者?」と思って、手を上げたら止まってくれた。
電動自転車があると伝えたら、持っていってくれるとのこと。
片言の日本語だったので、たぶん中華系の方たち(ご夫婦?)かと思う。

納屋の中に案内して、使っていない農機(クローラー、マメトラ)も引き取ってくれるか聞いたらOKとのこと。
他にも、あれやこれや「いる?orいらない?」を聞かれた。
金属類ならなんでも持ってってくれるらしい。

クローラーを納屋から出すためには、入り口を部分的に解体しないと出せない構造になってたので、大仕事に。

なんだ、かんだで、電動アシスト付き自転車、クローラー、マメトラ、耕起用の車輪、放水ホース巻取り部分2台、重たい金網十数枚。サビサビの工具、水道の蛇口、などなど、かなりの量を引き取ってくれた。

相場がどうなのかは分からないが、買取代金として5千円をくれた。
さるとしては、業者に連絡してタダでもいいから引き取ってもらおうと思ってたところだったので、手間が省けた分ラッキー。

ただし、嵐が過ぎ去った後のような、納屋の中の状況だったので、予定外の片づけ/掃除作業をやる羽目に。
金属以外のもので即外せるものは、持ってってくれません。
なので、自転車/農機具のタイヤ、ゴムホースなんかが、散乱した状態です。
農機についてた、泥が粉状に渇いて床に降り積もってた。

埃が舞う納屋から脱出できたのは、15時半過ぎだった。

大急ぎで、崩れた土手を削って、杭を打って、土嚢を数個作って積み重ねたところで、この日は終了ー。

車には、残されてしまった廃棄物が満載です。
棲家近くの廃棄物処理センターに持ち込むために実家での作業は翌日の15時までとなる。

二日目。

続きます。

続きを読む



仕方なくDIY再s2ep5:セメントは難しい

   DIY [2022/05/13]
土手補修の話の続きです。

前回、コンクリというかセメントへの水カゲンが分からず、コテをつ使ってヌリヌリしたり、平らにしたり出来なかった。
でも乾いたコンクリートの硬さはたいしたもんでした。

注)さるは今回、コンクリートとモルタルが同じセメントから作るものだと初めて認識しました。
砂利(小石)と砂を混ぜるのがコンクリートで、砂利を入れないとモルタルと呼ぶそうです。

山菜採りの合間に、
・水は徐々に入れて手ごろな粘度にしたり、
・砂利の配分を変えたり、
・砂利なし(砂利なしだとモルタルって云うのかな?)にしたりして、
イロイロやって見た。

やっぱ、砂利が少ないとモロイですね。
かといって、幅の狭い型枠に流し込むとき、砂利が多いと出来上がりに隙間ができて、穴ボコだらけになってた。

水加減もやっぱ難しい。
少ないかなと思って、ちょっと足すとすぐにドロドロになるし。

でも木枠作りが最も面倒。
そこいら辺りに転がってた端材を集めて、やっつけ仕事ですがこんな感じ。
20220508_d2.jpg
(出っ張った束石を避けるように。)

20220508_d3.jpg
(同じく束石のお陰で、U字溝が途切れる部分。※軒下側のヘリをやるのを忘れてました。)
20220508_d4.jpg
(雨水を流す排水桝風にして。)

20220508_d5.jpg
(屋根の軒の長さが変化する部分、面倒くさくなって手抜き。)

色々と勉強にはなったものの、惨憺たるものでした。
DIY自慢できる出来栄えではありません。

土日掛けた結果・・・

続きます。

続きを読む



アイコ祭りの後始末

   山菜・きのこ採り [2022/05/10]
比較的天気のよいGWでした。
世の中GWの期間中のさるはと云えば、山菜採り、DIY(外周り)がメインの1週間でした。
山菜採りがレジャーみたいなもん・・・と云うかレジャーです。

さて、先日3回目の山菜採りの話を書きました。
前3回とも少ないながらも(とは云え、市場価格的に言えば、それなりの高級品の)アイコ(ミヤマイラクサ)を採って帰ってきたのですが、そのほとんどはさるの口には入りませんでした。
(さる2号によって、見も知らない方々に振る舞われたようです。)

なので、「今度こそ」の意気込みで、中3日で4回目、その翌日に親族と5回目の山菜(アイコ)採りに行ってきました。
サブはニオサク(エゾニュウ)狙いです。


4回目に山友たちと出かけた際は、まだ人もさして入っておらず、ちょうど、アイコの走りという感じ。
気温が初夏を思わせるくらいになった。

3時間ほど徘徊して、収穫はこんな。
20220507_1.jpg
大漁です。

いつもは、取り過ぎてもさる2号のママ友にお裾分けしたりしてたのだが、それもシーズン1回が限度で、何回もは相手も気が引けるみたい。
前もってほしいと言ってくれる人がいたらあげるけど、疲れて帰って知り合いに連絡して届けるなんてのは、面倒になってきた。

なので、この間のホンナ(イヌドウナ)のようなことになる。
ちょっと話が脱線しますが。
大鍋で茹でるくらいの量を採って来てしまって、デカいタッパーに満杯に入れていたホンナなのだが、翌日偶然にも子ざるから九州土産が届き、その中にこんなのが。
20220505_1.jpg
合う。٩(๑>∀<๑)۶
というか、このマヨネーズさえあれば、いささか好きではない野菜でも箸が進みます。
酎ハイの肴として、タッパーいっぱいのホンナを一晩でほぼ食してしまいました。

さて、話を戻して。
今回の収穫ですが・・・

続きを読む



マムちゃんを探せ

   自然観察 [2022/05/09]
実は前回(3回目)の地元の山での山菜採りの際、マムちゃん(マムシ)を見かけた。

発見して、10秒くらいは確かにマムシであることを確認し、近くにいた山友たちに発見を声で報告。
「あっ」と思い直して、写真を撮ろうとしている間に藪の下草の中に入ってしまったので見失ってしまった。
その際、しっぽをプルプル振ってた。
親愛の情を示しているわけではないですよね。
日向ぼっこを邪魔されて、不機嫌に移動したというところかな。
60cmくらいの小さ目のマムちゃんでした。


それから、中三日で4回目の山菜撮り
またもやマムちゃん発見!
前回見た場所からは沢を挟んで100mくらいは離れているので同じ個体ではないと思う。
前回よりも、大き目で体長1mくらいはある大物です。

今回は山友たちに注意喚起するとともに、写真を撮りました。
20220507_m1.jpg
(これは、見つけやすいですよね。)

こちらに気が付いて、移動をはじめました。
追っかけながら、何枚か写真に収めました。

続きます。

続きを読む



六つ目編み考察2

   PPバンド籠 [2022/05/08]
目標としている新作ネタを考えている最中です。
ちょっとやってみたいことが浮かんだので、できるかどうかを検証しています。

残念ながら頭で考えただけではどうにも・・・

なので、実際にちょっとだけやって見ます。

最初にシコシコやって、できたのが、こんなの。
20220504_1.jpg
ドーム型の形にしたかったのですが・・・

んー。
結局、茶筒型ですね。

これじゃねえんだ。

さらに、2日ほど考えて・・・
頭がこんがらがってどうにも良くわかりません。

以前参考にした、サイトをもう一回見てみました。
載ってるPPバンドで作った多面体の画像とニラメッコして、或る仮説が思い浮かんだ。

続きを読む



あれ?まだ早い?

   山菜・きのこ採り [2022/05/07]
憲法記念日に、3回目の山菜採りに行きました。
大雪だった昨年とほぼ同じタイミングです。
今年の冬は、昨年よりかは雪が少なめだったので、雪解け=山菜の時期も幾分早いかなと思ったのですが、そうでもないんです。


話は変わりますが、
その前日、地元の直売所(道の駅)に行く機会があったので、出されている山菜類の市場価格を見てきました。

5/2時点:某北国の道の駅にて。
コシアブラ:100g:360円(360円/100g)
コゴミ:200g:200円(100円/100g)
・・・さらに30円引き
山ウド:300g:324円(108円/100g)
笹子:250g:320円(128円/100g)
山ワサビ:100g:216円(216円/100g)
サシボ:150g:230円(153円/100g)
タラの芽:150g:400円(267円/100g)
ホンナ:一束:300円(200円/100g)
アイコ:200g:400円(200円/100g)

笹子は、笹竹のタケノコです。
サシボは大虎杖(イタドリ/オオイタドリ)の新芽。
コゴミ=クサソテツ、ホンナ=イヌドウナ、アイコ=ミヤマイラクサ です。

なんと単価第一位は、コシアブラでした。
20220502_1.jpg

あんな臭・・・が1位とは。
さるの実家山林に沢山あるけど、さるは食べません。
値段のせいか、あまり売れてなかったような・・・

ホンナとアイコがほぼ同じ単価というのもちょっと意外。
断然アイコの方が一般向きなのに。


山部の活動はこれらをタダで手に入れることです。
タダと行っても、交通費(ガソリン代)と時間と体力は要りますが・・・

さて話を戻して、
3回目の狙いは、アイコおよびニオサク(エゾニュウ)だったのですが、
アイコがまだ出てません。
ニオサクは、ちょうど採りごろの場所にあたりました。(去年の2回目ときに採った場所。)
つまり、去年より3~4日遅いということです。

3時間くらい、探索して・・・

続きを読む



嬉恥お百姓s4ep6:ブルーベリーのお引越し

   園芸 [2022/05/06]
さるの棲家に2.5m程の高さになったブルーベリーの木があります。
ノーザンハイブッシュ系で細かい品種名は分かりません。
1本しかないのに毎年実がなります。(近所に別のブルーベリーの木でもあるんだろうか。)
それを親木にして、毎年その枝を挿し木して、畑に植えている苗木を作ってます。

ずいぶん昔に買って、鉢植えのままだと水やりを忘れて枯らすかと思って庭先に植えてやった。
当時、ブルーベリーが酸性の土壌を好むとか、ピートモスを入れて酸性度を調整するとか何も知らずに単に庭に地植えしただけ。
でも、偶然にもよく育った。


さて、その木と同時に買って、爺にプレゼントしたものが、実家裏の段々畑に植わっている。
こちらも、成長はしてるものの、こんな可哀想な姿に育ってます。
20220424_n8.jpg
もう根本から折れる寸前に見える。
豪雪地帯なので。
ここ数年放ったらかして、支え木の取り換えも雪囲いもしてやらなかったので、状態が酷くなった。

しかも、その木の近くにもう1本のブルーベリーも。
20220424_n9.jpg
これまた、横になっちゃってる。
こっちは、いつ買ったのかは分かりません。
きっと2本ないと実が付かないと思って、追加で植えたのだとうと思います。

実も毎年それなりに生ってるみたいなんだけど、ほぼ鳥に食べられてる。

せっかく、木としては大きくはなってるので、もう少し面倒見てやろうかと。
丘向こうのブルーベリー畑に移してやることにしました。

続きを読む



仕方なくDIY再s2ep4:土手工事開始

   DIY [2022/05/05]
一日目。

さるにとっては本当はGWもへったくれもないけど・・・
世の中の連休4日目、土手の工事に着手すべく、実家ソロキャンプ用の食料を買い出ししてからのホームセンター。
まずは、U字溝9cm幅x60cm長を15個購入。約15,000円。
やっぱり、土木は高くつく。


実家に到着したのは10時頃だったのだが、屋敷裏の雪が消えていたので、降り積もった杉の葉片付けで午前中は終わってしまった。午後からは別の用事があったので、結局着手したのは、15時過ぎ。


雨水の流れ先が無くて、土手がブヨブヨして崩れていくのだから、
まずは屋根からの雨水を排水するように対策します。
20220502_d1.jpg

「雨樋をつけて、地面から先に流せばいい」と普通は考えるのですが、
豪雪地帯なので、雨樋は通常冬には外さなくてはいけなくなります。


溝を切って、U字溝を置いてみました。
当然、雨水をどっかに流すために入れるのだから微妙な傾斜を付けつつ。
20220502_d2.jpg
これで、1日目終了ー。

続きを読む



連休初日は山菜採り

   山菜・きのこ採り [2022/05/01]
まあ、毎日休みなので、連休もなにもさるには関係ないんですけど。
世の中GWと呼んであちこち移動するWeekの初日、例年通り部活になりました。
(午前中は辛うじて曇りの予報だったので。)

いつものメンバ(3名)でさるの実家前集合で、地元のお山に。

農道を入って、谷を進むと・・・
道路にまだ雪がタントあった。
去年も同じ日付で、同じシチュエーションだった。
「去年より、雪が少なかったので今年は消えているだろう」と予想してたのだが、甘かった。

でも、部活ですからそんなことではヘコタレない。
車を降りて、目的の沢まで。
20220429_1.jpg
この写真、実は帰り道です。

山の方は、あらかた雪が消えていて、
コゴミなんかは、既に伸びちゃってるところも。
20220429_2.jpg
こちらでは、どこにでも生えてるのであまり有り難がられない山菜。

この回の狙いは、ニオサク(エゾニュウ)だった。
でも、まだ数日早い。一週間後でもよさそう。

仕方ないので、タラの芽メインに手あたり次第に採ってきた。

収穫は・・・

続きを読む



実用品として

   PPバンド籠 [2022/04/30]
「PPバンドかごの作り方マニュアル 初級編3」を何とか時間のある内に仕上げたいと思って色々考えている最中です。

あまり、他の人の作品にモロ被りしないようにネタを考えて行くと、少しずつ凝ったものに偏りがちです。

「これで初級編と呼べるのか?」と自問してしまいます。
さるでも作れるんだから初級編でよかろう』というスタンスなのですが、あまりにもめんどくさいものは、やはり相応しくないと思うわけです。

というわけで、格子編みで作れる必要なものというテーマで考えた。

そう言えば・・・

この春、だーーーいぶ暇だったので、棲家の庭木の剪定を2日掛けてやったのだが、
だいぶほったらかしてあったヒバの木は、脚立なしでは切れない状態になっている。

こうなると、脚立に上った状態での高枝切りバサミなんかも使わざるを得ない。
切る道具として、剪定バサミ、植木バサミ(長刃)、折り畳み式ノコギリ、高枝切りバサミと4種類も持たないといけない。

ハサミを変える都度、脚立の上り下りは非効率なので、できれば身に纏った状態にしたいのだが・・・・
そんな風には準備できていませんよね。大抵の場合。

てなわけで(前置き長いよねー)、
20220421_p1.jpg
この3種類の道具を身に着けるための籠を作ることにしました。

剪定バサミに限っては、以前から革?製の袋を紐で腰に着けれるようにはなっていたが、これもだいぶボロくなったので作り変えます。(この袋は、爺ちゃんがさるのランドセルをリメークして作ったものです。)

各道具の寸法を測って、作るサイズを決めます。
最初に剪定バサミ入れを作って見たのだが・・・

続きを読む



嬉恥お百姓s4ep5:恒例のブルーベリー定植

   園芸 [2022/04/29]
春一番(本当は二番目)の農作業は、挿し木で2年育てたブルベリーの苗を畑に定植してやる作業です。
今年で3回目。
過去2年同じやり方で定植作業をしているというのに、いまだ所要時間を把握しきれてなかった。

穴掘りに丸1日掛かってしまった。(s4ep4
さらに、購入したピートモス(ブルーベリー向きの土)では足りなそうだったので、一旦棲家に帰って出直すことに。
(翌日雨の予報だったし。)

※前回も書きましたが、某ホー〇ックで買った14L入りのピートモスが550円弱/袋。
(過去2年にサン〇ー買った20L入りのものと同じ値段でした。)
それに対してエストニア産300L入りが某コ〇リで3,300円弱/袋(しかも200円値引きしてくれた)。
小分けにしてあって使い勝手がよいとは云え、リッター当たり4倍近くの値段差はちょっと・・・。質が異なるとでも?
14L入りを15袋(210L:8,200円強)も買ってしまってだいぶ後悔しました。やめときゃよかった。
ホー〇ックはなんだかいつも割高な気がします。
でも実家から一番近い(6km)からなー。

ちなみに、300L入りピートモスは、一人で持ち運べない程の重さでした。
これ。
20220427_n4.jpg
便の悪い畑に運ぶのにも一苦労でした。

さて、中一日で300Lを携えて雨上がりの畑に再び出かけました。

続きを読む



白いカタクリの花

   自然観察 [2022/04/29]
まあ、毎年のようにここにも上げてる実家栗林のカタクリの群生です。
ここ最近、谷奥の方が若干まばらにしか咲かなくなって、
谷入り口の方が多く咲くようになりました。

こちらでは、山菜としても売られているらしい。
おひたしにしたりするんだって。

さる家では、めでる為にホッタラカシてあるので食べません。
盗掘されないかちょっと心配してます。

先週末がちょうど見ごろでした。
ブルーベリーの移植のための穴掘り作業の帰りに撮りました。
20220424_k1.jpg

この写真を撮ったあとふと見ると白いのが一本だけある。
20220424_k2.jpg
まあ、たまには見かけるので、他にもまだあるかなーと見渡したが、もうなさそうだった。

これって、この株は毎年白い花になるんだろうか。
ちょっと来年まで覚えていたら、確認してみよう。

プチ自然観察でした。m(__)m


嬉恥お百姓s4ep4:ディグダグ

   園芸 [2022/04/28]
プーなので、曜日に関係なくDIYや農作業できるのですが、なぜか週末に寄せてます。
ただし、思った通り行かない場合は、そのまま実家に泊まって、予定をこなすって状態ですね。
前日(日曜)実家裏の段々畑を耕してジャガイモを植えるのに一日掛けてしまったので、ブルベリーの畑への移植は月曜になりました。

朝6時起床。7時半、丘向こうの畑に。

まずは、歩いて行ける山道の状況を見ながら。
峠の雪は既になくなっていて、
20220425_n1.jpg
思ったほど荒れてない。
去年は、ぶっとい倒木が何本も道を塞いでいたが、今年はなかった。
ε-(´∀`*)ホッ

まあ片付けはしなければいけないでしょうけど、それはまた後日。

畑の状況は。
昨年秋に収穫していたコマツナ
20220425_n3.jpg
董立ちし始めてますが、まだ収穫するほどではない。

それと、フクタチ(董立ち)目的で植え付けたハクサイ
20220425_n4.jpg
ガーン。
最後の最後に移植した部分は丸坊主。
予想はしてましたが、すっかりなくなっている。とほほ。
最初に移植した2畝分のみ生き残ってました。
こちらも、まだ収穫するほどにはなってない。

さあ、ブルーベリーの様子は・・・

続きを読む



嬉恥お百姓s4ep3:ジャガイモ植えまくり

   園芸 [2022/04/27]
今年は、サトイモと同時にジャガイモの種芋も購入しました。
600円で2kg。男爵です。

昨年は、前の年に収穫した芋の余りを種芋にしたので、元手0円でしたが、
収穫量があまりにとほほな感じだったので、「若干の投資はするもんだ」との教訓によります。

また、さるの農作業一行メモを見ると、植え付けを4月下旬にやったらしい。
なので、今年もこの時期に植え付けです。

場所は、実家裏の段々畑。
去年の失敗を元に、できるだけ日当たりのいい場所を選んで植えることに。

まずは、雪が消えてさほど経ってない段々畑の状況です。

秋に植えたアスパラ菜がこんなになってました。
20220424_1.jpg
細いけど董立ちしてたので、収穫してみました。
20220424_2.jpg
多分、食べられると思います。

それと、昨年中に収穫するほどに成長しなかったネギは・・・


続きます。

続きを読む



’22部活(山菜採り)スタート

   山菜・きのこ採り [2022/04/26]
さるの棲む北もサクラ咲きました。沿岸部は散り際、内陸部は満開って感じでしょうか。
サクラ意外にも、庭のレンギョウ、ユキヤナギ、ドウタンツツジ、ボケなんかも咲いてます。
(今年はなんだか開花時期が一度に来た感じ。)
でも、さるにとっては活動時期の目安って感じで、「花見に行かなきゃ」とは思わなくなりました。

そうです。サクラ満開は、山わさび(ユリワサビ)のタイミングの目安なんです。

というわけで部活メンバーに連絡をとって、’22の山部の部活スタートです。
土曜の朝はあいにくの雨。
?予報では晴れると・・・「8時くらいまで雨」の予報に代わってた。
中止にはせず、カッパ持参で集合です。

さる車に乗り換えて現地へ向かいます。
数か月ぶりの集合なので近況の交換をしながら、車で10数分くらいの距離の現場入り口到着。
曇りにはなってますがカッパの上着のみ着用して、いざ出発。
一昨年に木の伐採がされて、現場までは至って楽に行けるようになりました。

(毎年の同じ景色ですが)こうなってました。
20220423_1.jpg
奥の林の中の白っぽい緑が全部山わさび(ユリワサビ)です。
咲き具合は、満開ちょっと前くらい!
ベストです!
咲き始めが柔らかくて美味しんです。

昨年は、散り始めだったために少ーし硬かった。
収穫開始です。

続きを読む



カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR