スポンサーサイト

   スポンサー広告 [--/--/--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謎の藁人形とシバザクラ

   その他 [2012/05/27]
最近、PPバンドから離れちゃってすいません。
ぜーんぜん、関係ない話題です。

ちょっと用事があって、今は横市の一部になっている、O森町/D雄村に行ってきた。

D雄村で見たのが、この藁人形。
201205271_.jpg

いつも、実家に帰る通り道のO森町の道端にも姿はちょっと違いますが、似たような藁人形があります。
これは、カシマサマ(鹿島様)とか呼んでいる道祖神みたいなものです。
こんな、環境(新築の中学校の脇)にありました。
201205271_2.jpg


毎年、田植えが終わったあたりに行われる「虫追い祭り」に使われるものだと友人から教えてもらったことがあります。
カシマサマ?
ムシオイマツリ?
さるの方が比較的この地域には近い所で育ったのですが全然知りません。なので、ちょっと調べてみやした。

カシマサマ:鹿島様は、「鹿島明神」のことであり、鹿島明神は、タケミカヅチ(雷、剣の神様)を祭る神社で、茨城県鹿島市の鹿島神宮が本家(って言わないか)。関東・東北に多いらしい。

ムシオイマツリ:虫追い祭りは、五穀豊穣を願い、虫を追い払うお祭りで、田植えの後くらいに実施されるみたいです。
この虫祭りのときに、カシマサマと言われるこの人形が、どういう風に登場するのかは、実際のお祭りを見たことがないので、よく分かりません。

先のカシマサマの脇にはちゃんと説明がありました。
201205271_3.jpg

でもって、写真のカシマサマは武神らしい、凛々しいお姿なのですが・・・・、
実は別のところで見られるものは、どっちかと言うと土着の神様/道祖神の傾向が強くなります。

カシマサマには、女性系もあります。男性系と女性系(山の神社前に女性型があるのを見たことがある。)の違いは、当然・・・少し下ネタ調になりますので、詳しくはこちらの流れで。
http://www.geocities.jp/akitasaisei/ninngyou.html
実は、写真のカシマサマはおとなしめというか、まじめ。

でも、ちょっと面白いので、これからはカシマサマに注目して取材してきます。

さて、この後、この現場の近くでやっていたシバザクラ祭りにちょっとお邪魔してきました。
さるは、花には興味があるんです。

続きを読む

スポンサーサイト


草、ムシってやったぜ~

   自然観察 [2012/05/26]
特にネタもないので、本日の作業報告。

家の周りが草ボーボーでした。
やむなく草むしりを7時から・・・・5時間かけてやっと終わった。
というかくたびれたので止めた。


さるは、何年か前、あまりに暇だったので少し園芸?に凝ったことがありました。
「凝った」とは言えないくらいテキトーで、家の周りになんやかや植えただけなんですけけどね。^^;)

最初は、フツーの園芸店で売っている苗を買ってきて。
その内タネから育てることに少し執念を燃やしました。
その次は、ハーブ園とか、公園に咲いている花から、タネを譲ってもらって(だまって)、
それを育てたりした。

ここ3,4年は何だか飽きちゃって、あまり何もしなくなってました。
でも、未だに家の周りには、40~50種類くらいは生きていると思います。

毎年、植えたりするのが面倒だったので、多年草が多いです。
あちこち無計画に植えられてます。
でもって、見ごろなものもあったので・・・お見せいたしやしょう。(ちょっと自慢?)

南側-名前は不明
201205261_1.jpg
セイヨウミヤコグサに似てるんですけど、違います。
知っている人いたらおせえてください。
いちおう花壇として仕切ってあるところに植えたのですが、地下茎でどんどん殖えて他の花を駆逐しそうです。
毎年花が終わると引っこ抜いて捨ててます。

西側(カーポート脇)-ナツユキソウ
201205261_2.jpg
白耳菜草(シロミミナグサ)とも言うらしい。これ好きです。
恵まれないジャリだらけの上に植えたのに、他の雑草が混ざって生えないほど地面に敷き詰めて殖える。
ここの箇所だけ草むしりの手間がいらない。なんてかわいいやつ。

北側(裏)-オダマキソウとプリムラ
201205261_3.jpg
オダマキソウは、西洋-苧環、と山-苧環がまざってます。
これは、タネで殖える。
プリムラは株分けしてやって殖やした。
ずーっと奥のほうに、シャガも咲いてるんですけど、小さくて見えませんね。

でも家の裏手なので、メデるのは、隣家の人たちだけです。

東側(お勝手)-ラナンキュロスとジュウニヒトエ
たしかラナンキュロス-ゴールドコインとか言う名前のハズ。
201205261_4.jpg
毎年同じところにとは行かず、茎が伸びて、栄養がよさそうな場所に新たに根を張ります。
移動してる感じです。

ジュウニヒトエも同じく、地下茎?で殖えて行くんですけど、場所を変えて行きますね。
201205261_5.jpg
日当たりがあまりよくないんだけど。何とかなくならないでいます。

今年は、もうちょっとちゃんとガーデニングしようかなーとは思うものの・・・・
たぶんやんないかも。

つまんない話ですみません。
今日はこの辺で。またいつか。m(__)m






アイコ採り→ユキザサ/キバナイカリソウ

   自然観察 [2012/05/21]
昨日は、予定通りアイコ(ミヤマイラクサ)採りに出かけました。
こんなとこです。
201205201_1.jpg

アイコ様も1週間見ない内にたいそう大きくなられて、少し大きくなり過ぎな感じも。
でも、採り放題。


一人で行ったので、何の、誰にも気兼ねなく だったのですが、
それに代わって、ブユが大量にまとわり付く状態で。
ずっとブユとの戦いでした。鬱陶しいったらありゃしない。
耳をかじられてた見たい。ちょっと痒い。痕が残るんですよねー。

昼から出かけて、1時間半余り。おおよそ10~20kg程度の収穫。
山を降りるとき、ちょっとヨタヨタしてしまいました。
201205201_2.jpg

都会の八百屋さんでも売っていることがあるそうな。
食べ方とかはこちらhttp://nga78n.web.fc2.com/san_aiko.htmに書いてますので、ご興味があれば、ぜひどうぞ。

さて、自慢はこれくらいにして。
例年、そこの山のアイコの時期には、咲いているのを見かけない山野草を2つ程。

続きを読む



高級品-イタヤ細工籠

   PPバンド籠 [2012/05/18]
最近少し脱線気味かしら・・・・・

少し前のことになるのですが、比較的近所の温泉施設に行ったとき
フロント前の売店に何やらアミアミしたものが・・・・・

みたら、イタヤ細工の籠でした。
イタヤ細工とは、イタヤカエデという木を薄くバンド状に割いて、編んで作る籠とか笊みたいなものを言います。
201205181_1.jpg

おー、伝統だー。質感がいーなー。とか思って見てたのですが、
お値段を見てちょっとびっくり。
×「ちょっと、そこまで買い物に」とか言って、買ってきたキャベツやアジの干物とかペットボトルのジュースを入れて持ち歩く籠とはワケが違いました。
「お着物に着替えてお出かけ」でないとバチが当たりそうです。

でも、いーですねー。お上品ですねー。

しっぶい籠がほしーなーとか思っている方、いかがですか。
ワビサビですよ。


さるは、やっぱりアジアン/庶民派のPPバンドで行きますけどね。
少々ぞんざいに扱っても、踏ん付けたって、ぜーんぜん平気だし、泥のついたダイコン入れたって文句言わないし。(そりゃ言わないわな。)

イタヤ細工にご興味のある方は、検索すると結構出てきました。
例えば、「秋○の物産総合情報サイト」には、製作の工程が紹介されてました。(若い職人さんがステキです。)

では、今日はこの辺で。m(__)m





自然素材って難しい

   PPバンド籠 [2012/05/13]
今日、ササタケノコを採りに行った。
笹藪を貞子のように這いずり回っていたら、胸のところに引っかかるものがあって前に進めません。
「あ゛ー」とか言ってその邪魔者を引っ張ったら、長ーいアケビ蔓でした。

「こんなに引っ張ってもちぎれないなんて、なんて強情な!」と思ったら
フツフツとアミアミ魂が湧いてきてしまいました。


そこいら辺を少し捜して、こんくらいのアケビ蔓を集めた。
201205132_1.jpg
古い蔓はさすがに朽ちてて使えそうになかったので、結構材料集めが大変です。

でもって、予備知識もなく適当に編んでみました。
30分くらいかけて、こんなんできました。

続きを読む



山菜-本格始動

   山菜・きのこ採り [2012/05/13]
連休後半から休みっちゃ雨でうんざりしてたのですが、
今日は、久々の雨無しの休日でした。

なので、ハリキッて山菜(アイコ)採りに行ってきた。
いつもの生まれ育った村の奥へ。

でも。ガーン。まだ雪がてんこ盛りに残ってました。
201205131_1.jpg

それに、一緒に行ったご老人二人の内、ババが行方不明に・・・・・
結局、一人で先に家に帰ってたんだけど。(ちょとカスレているので何するかわからないんです。)
そうとも知らずに、山の中探して回ったので、山菜どころではなかった。

とは言うもののアイコ(ミヤマイラクサ)、ホンナ(イヌドウナ)、コゴミ(クサソテツ)は、晩のおかずにできるくらいは採ってきました。

でもって、昼からは場所を変えて、ササタケ(ノコ)採り。

ちょっと、収穫したものをディスプレイしてみました。ワラビとタラノメも入ってます。
201205131_3.jpg

あっそうだ、山の沢で、クレソン(オランダカシ)らしきものを見たので、写真撮ってきました。
201205131_2.jpg
ついでに一口その場で食べて見たけど、あまり辛味はありませんでした。
違うのかなー。

今回行ったお山は、来週あたりが最盛期かなー。なので、たぶん来週も行きます。

つまんない話ですみませーん。m(__)m


PPバンド・クラフト

   PPバンド籠 [2012/05/11]
PPバンドで籠を作ったりすることを
かっこよく言えば「PPバンド・クラフト」とでも言うんでしょうか。

このブログのタイトルもソウした方がよかったかなー。

さて、さるがこの手の手芸?をはじめて10年近くなってきましたが、
最初の頃は、お土産屋さんで見かける民芸品みたいな認識でした。
作っているのも、たぶんその当時は農家の人が自分で使うために作っていたものが、次第にお店に並ぶようになってきたのかと思います。
当然、腰に付けるタイプのものがほとんどでした。
最近は、綺麗な手芸専用のバンドの多く販売されていて、ネットを使えば簡単に手に入るようになってきましたよね。
また、完成品で通販しているところも数年前に比べると増えてきたように思います。

少しは認知度もアップして来たのかなーと思います。

というわけで、PPバンド手芸関係をぐぐって見ました。
少し専門に紹介しているサイトが増えてますね。
いつもながら、各オーナーさんには無断でリンクさせていただきます。ごめんなさい。

法人?団体?かしら
PPバンド手芸の作り方ガイド

PPバンド手芸・材料ナビ!お洒落度UPの作り方
コースターの作り方・PPバンド手芸編
バッグの作り方・PPバンド手芸編
・他

たぶん個人の方のブログ(色鮮やかな作品が見られます。)
エコクラフトをきっかけに!ハッピーミラクル☆ルーム
handmadeで笑顔いっぱい!PPバンドで籠作り!

あと、作り方の動画もありますね。(ちょっと、さるのやり方とは違うみたい。)
PPバンドで熱帯魚作り - YouTube
編みかごバッグのつくり方_おさんぽバッグ編_その1 - YouTube
編みかごバッグのつくり方_おさんぽバッグ編_その2 - YouTube
編みかごバッグのつくり方_おさんぽバッグ編_その3 - YouTube

やっぱり動画が分かりやすいですよねー。

次回マニュアルは動画にしようかなー。

今日はこの辺で。またいつか。m(__)m

続きを読む



交色鉄線編みの手提げ籠

   PPバンド籠 [2012/05/04]
ここ何回か題材として、こちらにも状況を書き込みました交色鉄線編みの籠が完成しました。
201205032_1.jpg

先の書き込みでも書いたとおり、テーマは「春」です。

まだ試作のレベルではありますが、まずまずなデキかなーと自画自賛中。

続きを読む



雨なのにワサビ狩りのお供

   山菜・きのこ採り [2012/05/03]
さる一族の要請により、この間下見してきたいつもの山ワサビ・スポットへ。
雨なのに。

こんな歳でも一族では一番下っ端ゆえ、逆らえません。

でも、幸いにして、到着したときは、小雨程度で、
なんとかズブ濡れは避けられました。

獲物のとしては、
山ワサビ(ユリワサビ)の華はあらかた終わっていて、ちょい時期ハズレ。
アイコ(ミヤマイラクサ)が盛りのようでした。
ただし、あくまでも目的は山ワサビなので、さるも付き合いで、再度サクサク刈ってきました。
今回は、1時間程度で、山ワサビ:スーパー袋半分。アイコ:スーパー袋半分。シドケ(モミジガサ):2本、ミズ(ウワバミソウ):200g程度。


シドケは、下の写真(ちょいピンボケ)。
201205031_1.jpg


続きを読む



こりゃ大変、指先痛い(交色鉄線編み籠)

   PPバンド籠 [2012/05/02]
暇なもんで、会得した編み方で、早速 籠を作り始めました。
夜なべ、早起きで、今日で四日目かな。

やっとこさ、本体のベースが出来上がりました。
201205021_1.jpg
201205021_2.jpg


どうでしょう。色合い/模様は。
テーマは「春」です。
さるにしては珍しく新品のバンドのみで製作してます。



最初、籠型のベースまでを編み込むまでは、快調だったのですが・・・・・

折り返して、編みこんだ側面に余ったバンドを差し込んで行くのが、異様にキツイ。
差し込むのも大変だし、差し込んで出た先端を引っ張るのも大変。
指先の握力が無くなってきちゃって、最後はペンチのを多用しました。

後は、取っ手を付けて、縁を仕上げるだけです。
あと一息。

では、今日はこの辺で。出来上がったらまた載せます。
m(__)m

続きを読む



片栗(毎年同じですいません)

   自然観察 [2012/05/01]
さるの棲む地域の気温が急激に上がってます。春めくのが遅かったせいでしょうか。

あんなにあった雪もチラホラになりました。山も季節に追いつこうとしてるみたい。
とたんに花の季節になりました。桜も梅も辛夷も一度に咲いてます。

さて、カタクリの群落の写真です。
201204301_1.jpg

毎年掲載してるので、代わり映えなくてすいません。

なんせ、自分ちの所有範囲なので、自慢したくて。
じいやが面倒見ている栗林(ほとんど収穫しない。)の中です。

夏になると今度は山百合が沢山咲きます。

カタクリ(片栗)とイチゲ(一華)です。
201204301_2.jpg
201204301_3.jpg


それと、さるの庭の・・・・






続きを読む



カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。