FC2ブログ


VS2017-はじめの1/10歩(2):多言語音声データを作る

   プログラミング [2019/02/20]
音声とは言うものの、「声」の方です。
主題のVS2017からいきなり離れます。

最近は音声合成/音声認識とかやたら聞く。
お金を払って使えるものもあるらしいけど、GoogleとかSiriとか普通にしゃべるし、
こっちが話した文言なんかかなりの正確さで文字にしてくれる。
Windows10にしたら、音声の案内も機能としてある。(ほぼ使ったことないけどね。)

以前、ナレーションをプロに頼んで録音/データ化してもらったことがあったが、
さもない内容なのに費用は結構掛かった。
で結局、「気に入らない声」だというお客の意見でその「声」はボツになった。

今は、さらに外人向けに数ヶ国語の「声」が必要な時代。
日本語→翻訳→ナレーターに読み上げさせて録音→組込み となるわけだが、
却下されるかもしれない「声」にお金を掛けてらんない。
かといって、訛りまくりの自分の声の録音では、さすがにデモにもならない。
英語他も絶対だめだしね。

簡単に多言語のナレーションを作る術(スベ)はないか調べてみた。

パソコンに喋らせて、それを録音することを考えた。
他国の言語は、カタコト、もしくはちょとくらい変でも、ネイティブでもなければ気付くまい。
それに、「機械がしゃべるんだからこんなもんですよ。あくまでもデモですから。」という言い訳が利きそうだ。

つまり、なんちゃって多言語音声合成
これだけでも、数回になりそうです。

MS社PowerPointの機能に、書いた内容(文章)を「読み上げ」る機能があるらしい。
それを使っちゃえば、ナレーター雇って、録音スタジオ借りて・・・なんてやらなくていい。
PCの音声ならきっと元はプロの方のお声/発音がベースだろうし、PC上で再生することに何の縛りもないはず。
(「声」って、その声の主のなんか権利的なものがあって、
当初目的以外の用途で使っちゃならん!とかいうのがあると聞いたことがある。
なので面倒に巻き込まれないことが保障されるPCの音声合成は、お手軽です。)

さあ、やっと本題です。
おおまかな手順としては以下になります。

1)PowerPointにナレーションの元の文章を日本語で書き込みます。
2)その文章をコピペして、Web上の翻訳サービス(例えば、Infoseekマルチ翻訳)で
  よくある 英/中/韓に翻訳します。
3)その内容をコピペして、別のPowerPointファイルか、別ページにコピペします。
4)PowerPointに読み上げさせて、それを録音し.WAVデータを作成します。

そうすれば、日本語も合わせて、4ヶ国語の同じようなことを説明しているナレーションデータが出来上がる・・・はず。

1)と4)についての詳細を以降(続きを読む)で説明します。

続きを読む

スポンサーサイト





カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-








本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR