スポンサーサイト

   スポンサー広告 [--/--/--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PPバンドでティッシュケース(第3回)

   PPバンド籠 [2009/11/25]
0911251_1.jpg0911251_2.jpg0911251_3.jpg
前回、ティッシュケースのウケ箱(ティッシュ箱自体が入る)がそろそろ箱になるところまで説明しました。
その仕上げです。

【編み方:仕上げ】
前回、編ん(で、差し込ん)だバンドの端をカッターで切るようにと説明しましたが、
写真の1枚目で分かりますでしょうか。

[3]のバンドが2本余っているはずです。
そのバンドをウケ箱の4段目(縁)の内側と外側に編み足します。
まずは外側ですが、縁のところで、縦のバンドが1段見えているところと、2段見えているところが交互のあるはずです。
1段見えているところでは、[3」のバンドは縦バンドの下を通します。2段見えているところでは、横バンドが上(見えるよう)になります。その要領で縁を一周させます。
同じように内側にも[3]のバンドを通します。
バンドの余った部分はカッターで切ってください。

これで、ウケ箱は完成です。
ここで、一応完成形を見ていただきましょう。写真2枚目と3枚目です。
ティッシュが入っている方がウケ箱(今回作った方)で、入っていない方がフタ箱です。

さて続けて、フタ箱を作りましょう。

【材料:フタ箱】
[4]幅15mm 長さ70cm 黄11本
[5]幅15mm 長さ50cm 黒6本
[6]幅15mm 長さ35cm 黒22本
[7]幅15mm 長さ100cm 黄5本

【編み方:天面】 ※フタになる箱なので、「底面」の反対側という意味で「天面」と表現します。
[4]のバンドの1本だけ縦半分に切ります。幅が7mmになりますね。
そのバンドと切ってない[4]のバンド8本を並べます。
次に[5]のバンドを3本、[6]のバンドを11本、[5]のバンドを3本で、並べた[4]の間に格子状になるように潜らせます。
黄色バンドに対して黒バンドを上下上下・・・、次のバンドを下上下上・・・、さらに次のバンドを上下上下・・・。途中途中、洗濯バサミで止めながら編み足して行くといいでしょう。

全部を編み込んだら、洗濯バサミで固定してください。
[4]と[5]のバンドは編込んだ部分がバンドの中央になるようにバンドを引いて調整してください。
[6]のバンドは片側が15cmくらい余るように調整してください。
ここでバンドの編み目はなるべく隙間が空かないように詰めてください。

次に、編んだ天面に対して、全てのバンドを90度に折って立ててください。

[7]のバンドをウケ箱の外周に合わせて長方形に折り曲げてください。

今日はココまで。 続きはまた次回。 m(__)m
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。