スポンサーサイト

   スポンサー広告 [--/--/--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歪み防止

   PPバンド籠 [2010/08/12]
1008121_1.jpg1008121_2.jpg
1008121_3.jpg
「さるもすなる(おさるのかご屋)」の教室編(取っ手付トレー)をご覧になって、
試された方から「歪む」というご相談がありました。

慣れない内は(あるいは慣れても)、歪んでしまうこともあるのですが、
そうならないための注意事項を回答させていただきました。
せっかくなので、こちらに回答内容を転記します。

--------

トレーは、箱型に作らないといけないので、実は少し難しいかも知れません。
手提げ籠のような楕円型の方が少々歪んでも誤魔化しが効くのですが・・・。

それでも、少しコツのような部分を上げるとすれば、以下の点に注意してみてください。

・底
ここが一番形を決めてしまう重要な部分です。
希望の大きさに格子状に編んだら、ところどころ折り返して洗濯バサミで止めて、
緩まないようにして、隙間の大きいところのバンドを爪でずらして、隙間を詰めてください。
上下、左右の長さがそれぞれ均等になっているか。なってなければさらに詰めて、
調整してください。

・側面への立ち上がり
底面に使ったバンドを直角に折り曲げてください。
洗濯バサミで止めているところは、そのままでOKです。

・側面の横バンドの編み込み
縦のバンドの間を通していきますが、このとき、縦のバンドはあくまでも底辺に対して直角に保ちながら、
横バンドを下に少し押し下げるような感じで編みこんでください。
角の部分は、90度に折り曲げてください。
このとき、底の外周の各辺の長さと大きくずれてないかも見ながら・・・・

形が歪むという点に関しては、上記のような注意事項です。
少しありきたりかもしれませんが、ご容赦の程。

でも、結局は、「慣れ」です。私もトレーのときは、最初歪みましたから。
何回か作れば、わりと上手にできると思います。

それから、最後になりますが、
何か型になる箱があれば、それを土台にして包むように作るとあまり歪まないはずです。
その代わり、大きさは、その土台の箱に制限されます。
もし、うまく行かなくて、かつ大きさにはこだわらない場合は、
一部のバンドの幅を調整して、箱を土台にしてみるのを試してみてください。

--------

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。