スポンサーサイト

   スポンサー広告 [--/--/--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後の証明(斜め網代編み小籠)

   PPバンド籠 [2011/08/27]
もう、本当に飽きてしまっている「斜め網代編み」なのですが、
編み方を紹介した手前、「本当にそうなるのか/できるのか」を検証する必要があります。

なので、「(4n+1)×(4m+3)」&「小籠」を作って見ました。

証明する対象は、側面全体を均一な編目で編むための法則。
・正方形のバンドの本数は、4の倍数でなければならない。
 =最初に編むでっかい正方形のバンドの本数は、36×36にしました。
 
・長方形のバンドの本数は、(4n+1)×(4m+3)でもよい。
 =「底」の長方形では、9×27にしました。

うまくいきました。
201108282_1.jpg

9本毎にバンドの色を変えて見ました。


先日ご紹介した編み方でできます。
斜め網代編みの小籠の作り方(1)斜め網代編みの籠の作り方(7)

大きさを変えたいなーと言う場合には、斜め網代編みの籠の作り方(8)をご参照ください。


ちなみに、前の籠もそうですが、全部使用済みPPバンドでできています。
なので、材料費はタダ
ですが、やっぱり「縁」のところが、とっても大変です。
もう少し楽な編み方もできるのですが、見た目は、今の方がいいので。

チョット話が脱線しますが、
最近のTVで内職でいくら稼げるのかって感じの番組があったのですが、同じように当てはめて考えてみると。
「縁」だけで、4-5時間、全部の所要時間だったら、おそらく20時間くらいは費やしてると思います。
もし、2000円で売ったら・・・・時給100円ってことになりますね。材料の準備時間は除いてるからもっと安いか。
made in JAPAN では、話になりませんな。やっぱり。もし売ってるんであれば、買った方が断然お得ですよねー。


それでも、オリジナルのが作りたいという方は、ぜひお試しを。

これを手はじめに「PPバンドかごの作り方 初級編3」の作成に取り掛かりたいと思います。
まだ、斜め網代編みと交色鉄線編みくらいしか題材考えていませんが・・・・・

「こんなのできないかー」とか、「あれの作り方は?」的なご意見ありましたら、コメントいただければ幸いです。
m(__)m
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。