「花2」っていうか・・・・

   PPバンド籠 [2012/02/27]
人生に疲れたもので・・・・少し書き込みをお休みしてました。

さっ空元気出していきます。


掲示板にいつも書き込んでいただいている方から、
変わった形の編み方を発見したと、その「花?」のような形を写真に撮って投稿していただきました。

最初はどうなっているのか皆目見当もつきませんでしたが、

まーーーーーーーったり、考えてたら、何だか少し近いものができたので、
似非(えせ)ですが、作り方をご紹介いたしませう。

まずは出来上がりは、こんなです。
201202271_2.jpg



では、嘘くさい作り方を。
写真左上から右&下段へと説明します。
201202271_1.jpg

1)最初は石畳編みを一個結びます。
2)裏返して、
3)裏も格子状に編みます。
4)再度裏返します。

5)出ている一本を45°折り返します。
6)もう一回45°石畳を囲むように折り返します。
  注)5)と6)の折り返しの方向は同じ方向にしてください。裏・裏、あるいは表・表と。
7)端を石畳の格子に間に通します。
8)端をしっかり引くと、45°で折り返した三角形が、石畳の角に立ちます。

9)もう一箇所5)-8)をやった後で、前に通した端を
10)出ている下の石畳に通します。
11)ちょっと引っ張って締めたあと、セリ上がったところに重ねて45°折り返します。
12)写真が少し前後してます。状態の順番としては、12)->11)ですね。

13)その端を今度は下方向に45°折り返し、裏の格子に通します。
14)この手順を4箇所で全部やれば、4段目の左から2番目の状態になります。
15)まだ出ている端をループさせて90°方向転換して、裏の格子に再度通します。
16)4本の端全てをループさせて、出来上がり。

さらに残った端は、格子編みした籠の側面に取り付けるときに使います。きっと。

では今日はこの辺で。またいつか。 m(__)m
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

なかなか難しいです。

作り方が出てきたので喜んで
挑戦してみましたが、きれいに仕上がりません。
初めからきつく締めるといけませんか?
最後のループが差し込めませんでした。
もう一度、やってみます。
第一、初めの石畳編みも、見ないと出来ないなんて、情けないです。
修行が足りないですね~

Re: なかなか難しいです。

掲示板の写真見ました。できてますね。役に立ったみたいでよかったです。
石畳の編み加減は、「普通」です。締めすぎず、緩すぎず。

春近し

人生に疲れたもので・・・・?
「春なのに~♪」「さるなのに~♪ ため息また一つ~♪」
と歌ってしまいました。
m(__)m失礼しました。
もうすぐ、春ですよ~
あさつき・バッケを採ってきました。
春の香りでいっぱいです。

Re: 春近し

> あさつき・バッケを採ってきました。
> 春の香りでいっぱいです。
あっいいなー。太平洋側は、雪が少ないですもんねー。
日本海側は、雪がちゃんと消えるまでまだ一ヶ月くらいありそう。
なので、もう少し引きこもりです。
「早く春こないかなー。」って本当に思ってます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR