道の駅(3)

   その他 [2016/07/20]
近場旅行その2です。

さるおススメの遠野に行くことにしました。
若い時に、ぶらり一人旅したことは確かなのですが、まったく記憶に残ってません。
駅を降りてちょっとぶらぶらしただけだったのかな~。

「どこがお勧めなの?」 「・・・さて。なんとなく・・・」 「おいっ。」

早池峰ブランドのワイナリーがあるそうなので、朝っぱらからそこに行くことに。
宿から1時間もせずに着きました。
沿道に葡萄棚のアーケードがありました。
20160719_1.jpg
10時ちょうど。ワイナリーに、ヴィジターはまだいないみたいです。
そりゃそうだ。平日の午前中ですのも。
20160719_2.jpg
見学は無料でした。案内は付きませんが、モニターによる映像/音声のガイドがありました。
20160719_3.jpg20160719_4.jpg
今は仕込みというよりは、昨年のものを瓶詰する時期なのでしょうか。
最後の瓶詰工程のところだけ人がいて作業してました。

隣が、直売店になっていて、たくさんワインやジュースがありました。(当たり前ですね。)
籠萌えの癖で、こんな写真だけは撮ってきた。
20160719_5.jpg

「すぐ近くに、おいしい飲むヨーグルトの店がある」とのるるぶ情報があったので、そこにも立ち寄った。

注)この後もつまらない写真とコメントがだらだら続きます。m(__)m



こんなデカいヨーグルト瓶が目印です。
20160719_6.jpg
確かに、美味い。ここで、飲むヨーグルトとプレーンヨーグルト、チーズ購入。

そこから、JR釜石線の「眼鏡橋」が観光スポットらしいので、行ってみた。
車で20分くらいだったかな。
こんな橋でした。川と国道を跨いでいます。
20160719_7.jpg

あ、この景観が見られるのが「道の駅 みやもり」です。
やっとこの記事のテーマです。
建物には「ふれあい交流プラザ」と書いてあって、お隣のサンデー(ホームストア)と繋がってました。
20160719_8.jpg
中は、地元の農産物や手作り品(ケーキ、お菓子、手芸品)の販売所、食堂、ちっちゃい地酒販売所、ちょっとした休憩スペースがありました。「清流とわさびの里」がキャッチフレーズらしく、生ワサビが売ってました。あまりワサビ漬けみたいなのは目立って宣伝してなかったような・・・
あと、鉄道のジオラマが飾ってありました。

さて、着いた直後、眼鏡橋の写真を撮りに近づくと、
立派なカメラを持ったおじさんが数人、公園内に点々と居ます。
あまり動きません。三脚をしっかりセットされている方も。

・・・・・・ってことは、もうすぐ列車が通るんですね。この橋を。
さるも、一緒になって、待つことに。撮り鉄ではないんですけれども。
来ました。
20160719_9.jpg
20160719_10.jpg
「撮った撮った」と思って、引き上げようとしたら、もうお一人方、走ってきて、カメラ片手に川にじゃぶじゃぶ入っていきます。
・・・・・・ってことは、もう一回通るんですね。列車が。
来ました。
20160719_11.jpg
んー。我ながら下手です。橋全体を入れて撮るべきでした。

てなわけで、思わず俄か撮り鉄して、ちょっとおもしろかった。
休みの日はSLが走るらしい。
道の駅の中も手作り品が多く置かれていて、地域の人にも使われている感が出ていていいですね。
★★★☆☆

さあ、いよいよ「遠野に入りましょう」と向かったのですが、
手前に「道の駅 遠野風の丘」があったので、そこにも立ち寄りました。
20160719_12.jpg
でも、カキやアワビなどを焼いているお店が端にあって、そこで捕まってしまいました。
焼きガキを待っている間に時間に余裕がなくなって、中は見てきませんでした。
案内では、ギャラリーとか、釜石線を眺めるデッキなんかもあるらしいです。
全体を見られなくて残念。
★★☆☆☆

遠野着です。13時近く。
歩道のタイルに座敷童。
20160719_13.jpg
「とおの物語の館」への裏通り。
三十数年前は鉄道で来たはず。今回は車。
おまけにナビが適当な案内するから、どこを通ったのかよくわからん。
なので、記憶を呼び起こすもの何もなし。いずれこんな施設は無かったかと思う。
20160719_14.jpg
中は、昔話蔵(モニターやプロジェクターを使った仕掛けを使って昔話が聞ける。)、遠野座(おばあさんが完全な地元言葉で昔話をしてくれる。)、柳田國男展示館(使っていた旅館をそのまま展示場している。)などがあり、かなり時間は潰せます。近くに遠野城下町資料館というのがあって、そこの拝観料も含まれてました。
20160719_15.jpg
いずれ、レトロな感じ満載です。
20160719_16.jpg20160719_17.jpg
食堂もレトロです。「ひっつみ汁定食」なるものを食べてきました。
20160719_18.jpg20160719_19.jpg
イワナがふわふわで、ひっつみ汁も美味かった。
最後、立ち寄った土産物屋さんにあった木彫りです。・・・・・
20160719_20.jpg
20160719_21.jpg

あと、帰りの風景。15時ちょっと前。
20160719_22.jpg

さあ、帰路です。
2時間くらい掛けて県境くらいまで来ました。
道の駅を発見して、入って見ました。「道の駅 錦秋湖」
ちょっと国道からの入口が目立ちません。
20160719_23.jpg
平日の夕方だったせいか、ちょっと閑散とした感じ。
何より、名前にも付いているダム湖がまったくそこからは見えませんでした。ちょっと詐欺じゃ・・・?。

でも、置いてあるものが強烈というか洒落を利かしたのか、こんなものがありました。
さるの棲む地域では、「カシマサマ」と呼ばれている類のものです。それのミニチュア。
(こちらでは、白木野人形送りという厄払いのお祭りに使うもので、特定の神様を表していないそうです。)
20160719_24.jpg
それと、このロールされているものは、マムシでした。
カラッカラになってます。
誰が買うんだろう。何にどうやって使うんだろう。気になっちゃいます。
値段も結構します。でも作る側にしてみれば、結構な危険を冒してますから、当然と言えば当然。
20160719_25.jpg
あと、食堂のメニューは(食べてませんが)地元の特産とかを意識したものが多そうです。
夏限定メニューで、今ちょっと話題のダムカレーが出るみたいです。1日20食限定。
ポスターでは、グリーンカレーっぽかったです。
★★☆☆☆

道の駅から見えなかったので、道路わきから見えた景色を。
20160719_26.jpg

20160719_27.jpg

あと、もう2か所立ち寄って帰りましたが、タイトル変えて、別記事にします。

では、この辺で。
m(__)m
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR