こしご、はけご、とうみ

   PPバンド籠 [2009/06/10]
蘊蓄です。
と言うか、「こしかご」とか調べてたら、「へー」でしたので。

さるが腰に付ける籠のことを「腰籠」と表現しておりましたが、
漁師さんが腰に付ける、瓢箪型とかの「びく」を「腰籠」と書いて「こしご」と読むらしい。(へーx1)

でもって、農作業や山菜採りで腰につけて使う籠は、「捌籠・佩籠」と書いて「はけご」というらしい。(へーx2)
ちなみに、さるの実家では、「こだし・さげこだし」と呼ぶ場合が多い。
http://www.museum.iwate-u.ac.jp/dfcweb/iwaizumi/i038.htm

したがって、「腰籠」と書くと若干形状・用途が違うということになります。
でも、「腰につけて使う籠」ということで「腰籠・こしかご」と読むことにしておきましょう。

それから、PPバンドで次に何を作ろうかなーと言う話を友人にしていたところ、
「とうみ」という農具を作る後継者不足の話を聞きました。「とうみ」?

「藤箕」と書きます。本当は「ふじみ」と読むのが正しいみたい。
「藤(ふじ)」でできた「箕(み)」ということだと思います。
「箕」は、収穫した小豆や大豆を、さやと豆とで分けるときに使っう道具です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%95
改めてへーでした。これって「み」って言う道具なんだ。
そういえば、ばばがそう呼んでたみたいな・・・(へーx1)

また、「唐箕」と書いて「とうみ」という道具もあって、「箕」を機械化したもの。
さるが子供のころは、稲の収穫時期にまだ使っていたと記憶しています。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/korenaani/f/166.html
なっつかしー!これ「とうみ」って言うのね。(へーx3)

まとめると、
 「腰籠」:「漢字で見ても、どちらを指すのかわからない。」
一方、
 「とうみ」:「聞いただけでは、どちらを指しているのかわからない。」
という話でした。

ちゃんちゃん。 m(_ _)m

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR